アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ペット保険に加入しよう
ブログ紹介
zoom RSS

ペット保険の選び方

2009/08/11 11:27
皆さん、ペットは何を飼っていますか?最近は犬や猫に留まらずペットを飼う人が本当に増えていますね。
我が家のペットは家族同然。そんなペットもやはり生き物ですから、病気をしたりケガをしたり…あたりまえですがそんなことがあったらやはり家族としては心配ですよね。今はペットの保険があるというのは皆様ご存知ですか?
人間の病気や事故などの保険以外にもペットの保険というのが普及しはじめています。
ペットの中でも高齢化が進んでいるからでしょうか。人間が入る保険と同様、今は健康でもいつ、何があるかわかりませんよね。
そんなときに保険というのは強い味方です。ですが中には「無理やり入らされてしまうのでは」ですとか「資料を請求しただけなのにしつこい勧誘はないのかしら」、「いまいちシステムが難しくて」というのはだいたいの人が保険を選ぶときに不安に思ったりする要素となりますね。今は保険の種類は数え切れないほどの数があります。
保険を選ぶときにはメリットとデメリットを把握しなければなりません。
そのメリットとデメリットが納得できなければ後で「話が違った」などのトラブルも防ぐことになります。慎重に選ぶことです。
そのためにはコールセンターで相談員の方に希望や保障内容を詳しく聞くことです。
お電話が難しい場合は資料の請求をし、熟読することが大事です。
資料のお得な情報だけで選んではいけないということですね。
資料はわかりづらい部分がありますが、参考にするポイントは金額、保障内容はもちろんのこと、その保険会社での目玉商品というのが必ずあります。
その目玉商品が将来的にメリットになるかどうか含めシミュレーションをすると良いでしょう。

ペットを連れての引越しのときは、ペットの引越しがあります。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険の入会金

2009/08/11 11:27
ペットの保険の種類は様々ですが、入会金や年会費があるようなので保険会社を複数調べる必要があります。
保険会社によって入会金や年会費は金額の差があります。
入会金は特に契約の初めに払うものですから、入会金を払ったけどやっぱり他の保険にしたいと後悔しないように気を付けなければなりません。

ペットの種類によって入会金や年会費が違うのか、一律なのかという確認もしておいたほうが良いでしょう。
必ずしも入会金や年会費を必要としている保険会社しかないとは限りませんが、保険団体への加入があるために初期の費用としてかかるのが理由とみられます。

飼っているペットの状態にもよるかもしれませんが、実費でお医者さまに診ていただくよりかは遥かにお金の面でもいざという時のためには楽だと思います。保険会社によっては期間限定のキャンペーンなどで「入会金無料」や「入会金半額」と時々行っているところもあります。
キャンペーンを行っていない時でも大体の入会金の相場は1000円から5000円くらいが妥当とみて良いでしょう。
年会費の相場は2000円くらいから4000円くらいが一般的です。
入会の際に登録するペット数がどの保険会社でも制限されていますが、例えば5匹まで登録可能であっても入会金や年会費はペット数によって増えるわけではないのでそこは安心です。入会費、年会費ともに発生する場合は契約の時点で両方とも保険会社に支払う仕組みになっています。

ペットも一緒に引越し 愛知県の引越し - 大阪府の引越し - 埼玉県の引越し - 福岡県の引越し - 広島県の引越し
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険の加入条件

2009/08/11 11:27
我が子のようにかわいいペットをいざという時のために保険に加入させる際、やはり条件というものが保険会社それぞれにあります。
おおまかな条件はどこの保険会社でも変わらないようです。いくつか例をあげてみましょう。

まずはペットが現在健康であること。
これは条件や審査を必要としているところはどこの保険会社でも条件としている内容です。
他には家庭で飼われているということ。販売目的であったり興行用であったりするペットには適用できないということですね。
過去に特定疾患になっていないか。特定疾患の内容としては心疾患やフィラリア感染症等。
特定疾患の内容は複数ありますので加入の際は確認する必要があります。

仮に今は健康であるが、少し前に病気をしていた場合に加入できるのかどうか。
この場合は現在健康である、病気は完治したということがわかるような証明があれば加入できるところが多いです。
また、加入の際に健康診断が必須なのかということも疑問に思うと思いますが、大体の保険は健康診断を必須としていないようです。
とても楽ですね。加入できる年齢は何歳からなのか。これは保険会社によってまちまちです。
生後間もない赤ん坊の状態から加入できるところは少ないようですが、数ヶ月たったペットであれば加入できるところは多々あるようです。また、加入を継続できる年齢も決まっているようなので確認しておきましょう。
対象動物は犬や猫はもちろんのこと、鳥類やフェレットも加入できる保険を備えている会社もあります。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険加入の流れ

2009/08/11 11:27
ペットの保険に入るまでにどれくらい時間がかかるのか、審査には何か特別なことが必要なのか加入までの流れはどういう形になっているのか等、色々調べていくと種類も豊富ですし、候補を絞ってペットがその保険会社の条件を満たしているかも含め大変な作業ですよね。

加入までの大まかな流れは、まず条件を満たしていることを確認したうえで申し込みをします。
申し込み方法として、インターネットはもちろんですが、書類を請求し書面にて申し込みます。
申し込みがあったところで保険会社は自己申告の内容に沿って確認や審査をします。
審査を行っていないところは審査をする保険会社より若干スムーズかもしれません。審査が通った時点で加入決定となします。
今、流れを説明したところでわかるように、インターネットで申し込みかつ、審査の必要のないところが一番加入までには比較的早いということですね。早いだけが良いということでは決してないのですが、調べるのに時間がかかりすぎてしまって早く加入させてあげたいという方にとっては良いと思います。ですが契約時にはペットの写真も送る必要があるところが多いので加入段階で準備するものに不備がないか確認しましょう。大体は写真、印鑑、必要に応じて健康診断書があれば大丈夫です。
注意としては審査中などの正式加入までの間はもちろん保障対象にはなっていませんので書類や申請をした時点で保障が始まっているわけではないので気をつけましょう




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険の必要性

2009/08/11 11:27
ペットを保険に加入させていない飼い主さんはたくさんいると思います。必ずペットを保険に入らせなければいけないのかというとそうではありません。
それは飼い主さんやペットの状況に応じて決めることなのでもちろん必要性を感じない、金銭的なことで加入は難しい等理由があって加入しないペットもたくさんいます。
ですが、万が一病気になったときに病院に連れて行くと意外と治療費が高いことにびっくりすることも少なからず経験している方も多いと思います。
人間と同じで、保険に加入していなければその分たくさんお金を払わなければなりませんが、逆に保険に加入しているペットはいざ病気の時の保障で金銭的負担が少なくて済んだとしても、今までの掛け金をずっと払い続けているわけですからどちらが良いということではないのですね。
ですので、ペットが病気になったときにきちんと適切な治療を受け、回復するまでの面倒をきちんとみてあげれば結果的には良いのです。ただ、保険に加入させたいけど金銭的負担が心配という方は、意外と人間の保険料よりもはるかに掛け金は安く済みますので、納得できる金額であれば保険に加入しておいたほうが無難、ということは言えるでしょう。
掛け金は大体2000円くらいからになっているので大きな負担にはならないと思います。
安めの掛け金ですと保障も少ないかもしれませんが、それでも全く入らないよりかは安心というのが保険の魅力でもありますね。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険の取り扱いは

2009/08/11 11:27
ペットの保険を取り扱っている会社はいったいどれくらいあると想像しますか?実は2008年の4月にペット保険に関する規制がかかった関係もあるのか、種類は少ないのです。
では実際にどのくらいの会社が取り扱っているのでしょう。まずは損害保険会社です。
損害保険会社ですと2、3種類くらいのようです。もう一つは小額短期保険という会社での取り扱いです。
この小額短期保険会社に関しては損害保険会社よりも数種類取り扱いがあるようなのですが、それでも決して豊富といえる種類ではないのが現状です。2008年の4月に規制がかかったというのは何に対して規制がかかったのかといいますと、この規制が適用になる前は無認可の団体や業者があったそうなのです。
現在しかるべき法律に基づいて運営をしている以外の保険業者はほとんど無認可だったということですね。
もちろん無認可だからいけないということでは必ずしもないのですが、無認可の業者や団体は結構な数があったそうなのでその団体や業者は規制にあたって損害保険会社や小額短期保険会社に移行した会社もあるのかもしれませんが、撤退した会社もあるかもしれません。
よってこのように決して数が多いとはいえないペットの保険ですが、少ない数なので調べている途中でたくさんの種類を見すぎてしまって困惑してしまったり、迷ってしまったりする心配は少ないのと、きちんとした法律に基づいて運営している会社という安心感がありますね。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険の保障

2009/08/11 11:27
かわいいペットがもし病気や怪我に見舞われたら、それほど飼い主さんにとっては辛いものはないですよね。
わが子のように思うわけですから、自分が代わってあげられたならと考えてしまうものです。
そんな時のためのペットの保険があるわけですが、ではペットの保険とはどんな保障内容になっているのか一番保険を選ぶときに気にするポイントだという方は非常に多いのではと思います。

対象の病気としてはガンを含む動物の病気に対して保障があります。
ただし、中には保障対象外の病気を記載している保険会社もあるので詳しい内容を調べる時には確認するポイントとして覚えておきたいところです。もちろん病気だけでなく怪我も保障の内容に入っています。
動物でも思わぬ事故にあってしまったり、怪我をしてしまったりと何かと心配です。
人間の保険と同じ、対象の病気や怪我には手厚いという特徴はあるようです。
保険会社の特徴として他に挙げられるのは、全国のどこの病院でも保障の対象として受け付けているということです。
例えば旅先やちょっと離れた場所に出かけた際に急に病気になってしまった、どうやら体調が良くないみたいだけど知っている病院ではないし、もし突如入院とかになってしまったらとか、突然の怪我でとにかく近くの病院で手当てをさせてあげなくてはならない場合に全国の病院で適用になるというのはとても心強いですよね。
可能であれば外出先の最寄り病院さえ確認しておけばよいということですね。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険の給付外は

2009/08/11 11:27
せっかくかわいいペットを保険に加入させて安心な日々をすごしていてもすべての状況において保障されるわけではないというのは言うまでもありません。
人間の保険でもそうですが、ペットの保険に加入している際に気をつけなければならないことがいくつかあります。

例えていくつか例をあげてみますと、ペットを飼っている飼い主や家族によって生じた怪我は給付の対象にはなりません。
ほかに給付の対象にならないこととなると災害によって負った怪我ですね。
ペットの保険の給付対象は主に医療とはなっていますが、怪我の保障も入っているとはいえ、こういったことについては給付されないので気をつけましょう。ましてや飼い主さんや家族によって発生した怪我については別の問題にもなりかねません。
医療の給付対象外のものについては症状が伴っていない血液検査や検便。
血液検査をしていないからちょうど機会があったので検査しておこうなんていう理由からの血液検査については正当な理由ということではないのですね。流産についても給付の対象にはならないのだそうです。
給付適用外の事例を各保険会社で確認してみると大体の内容は同じです。
適用外の内容は人間の保険の内容と似ていますから、保険に加入している飼い主さんであればすぐに想像がつく内容ばかりですし明らかに故意のものなどは普通に考えて適用されないというのは想像つきますが、内容に目を通すということは必須なので覚えておいたほうが良いと思います。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペットの保険料

2009/08/11 11:26
ペットの保険料は安いプランですと2000円くらいからあります。
飼っているペットの種類や年齢、大きさによっても変わってくるのですが、高額な保険料ですと2万円くらいもしくはそれ以上の金額がするプランも実際にあります。
2万円以上となってくると中年層の方の人間の保険料とあまり変わらないですね。
とくに犬を保険に加入させる場合には、毎月の保険料は加入するときの体重で決まってくることが多いようです。

なので、そうすると犬を保険に加入させるときは早いうち、体重が軽いうちに加入させてしまうほうがお得ということなのでしょうね。
ただし、最初は金額がリーズナブルに済んでいたとしてもやはり動物も年齢を重ねていきます。
なので、ある一定の年齢になったら保険料が引き上げされることがあります。
一般論として年齢を重ねるとそれだけ病気になる確率が高くなるのかその分月々の保険料に反映されてくるということなのでしょう。
保険加入する動物は犬と猫が基本になっていますが、ご家庭で犬や猫を飼っているのは1匹だけではない家庭もあるのでそうなると動物を複数飼っていてかつ高齢となってくるとそれだけ保険料もかかってくるので飼い主さんとしても大変かとは思います。
少ない掛け金でなるべく病気も怪我もせずに健康にずっと毎日を過ごしてくれると助かりますし、何よりも安心ですね。
やはり生きている動物である以上は健康が第一というのは言うまでもありませんね。
そのためには日々の健康管理がいかに大事かということです。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険の保障内容

2009/08/11 11:26
ペットの保険に加入した場合、保証される内容としては医療やけがという大きな分類に分けられますが、細かく分けてみると各保険会社で取り扱っている種類は5種類から8種類です。
スタンダードな保障の代表として通院保障はどこの保険会社でも取り扱っています。
通院保障とはペットが急に病気になってしまった、怪我をしてしまったときに病院にいきますね。
その際に適用されるものが通院保障です。これもだいたいの保険会社で同じ内容をうたっていますが、全国どこの病院に行っても保険は適用されるということです。なので、長期滞在先での思わぬハプニングでも滞在先の病院に一定期間通うとなればそこの病院で適用されることになりますので安心です。

では、手術になってしまったらどうなるか。これもほとんどの保険会社ではペットに対する手術の保障も内容に入っています。
通院だけでしたら通う回数にもよりますが自己負担も少なくてすむ場合があるかもしれませんが、手術となってしまうと自己負担の範囲では金銭負担も結構かかってきますし手術の際には術前と術後に何回か通院することが必要となってくることが一般的に考えて多いため、突然の手術でもあわてないで済むように保険に加入しておくとそれが強みとなりますし、金銭的にも不安は取り除けるでしょう。
手術などめったにないかもしれませんが、人間と同じ、ペットにだって何があるかわかりません。
怪我は見た目ですぐに気がつくものではありますが、病気に関してはなかなか気がつかないこともあるかもしれません。
小さい症状でも気がついて対応してあげられればそれが一番ですね。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペットの入院保険

2009/08/11 11:26
大切なペットがなんだか様子がおかしい。
病院に連れて行ったら入院する必要があるといわれてしまって、どうしたらよいのか慌ててしまった・・という経験はありますか?
そんなときにペットの入院保険があればいいのに、もしくはペットに対して入院を保障してくれる保険会社なんてあるのかしらと頭をよぎります。現在はペットの保険を取り扱っている保険会社というのは少ないのが現状ですが取り扱っている会社の保障内容を確認するとわかるように、入院保険というのはついているところが大半です。
なので、通院、手術、入院の3つに対しては保障している会社が多いということです。
保険会社によっては通院保障については条件があるようです。
条件というのは加入しているプランによって入っていたり入っていなかったりするということです。
手術や入院というのは頻繁に起こることではないと思いますが、通院に関しては一番利用する可能性の高いものでありますので、通院保障がどのプランの中にも入っている保険を選んだほうが無難かもしれません。
ペット保険を取り扱っている会社というのは損害保険会社と小額短期保険会社の2種類が現在ペット保険を扱っている会社だそうですが、損害保険会社でもどこの保険会社も全部取り扱っているわけではなく、2から3種類の会社での取り扱いとなります。少ないですが、その分保障もしっかりしていると思います。
保障されている内容については大差ないようですが、対象のペットや金額など、細かいところで差があるのが現在のペット保険となっています。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペットの入院保険内容

2009/08/11 11:26
ペットが入院や事故にあったときに保険会社から保障してもらえる金額はいったいどれくらいなのか、とても気になる部分だと思います。

例えば入院保険。
入院する期間やペットの種類にもよるのはもちろんですが、ペットが怪我または病気という理由での入院に関しては入院の1泊目から保障されます。1泊目から連続何日間入院するかという考え方ではなく、年間の累計日数で換算して何日分までと保障します、とプランの概要で説明しているところもあります。
その保障日数は数日ではなく、何十日という単位なので、長期入院になってしまったペットや、短期間の入院だけど、体が弱くて年間で何度か入院を繰り返してしまったというペットにとっては年間累計日数での換算であればその期間内のなかで保障されますので体が弱ってきてしまっている等のペットを飼っているご家庭にとってはメリットである部分だと思います。
ペットの代表である犬や猫に関しては小型犬、中型犬、大型犬問わず一日の入院保障が10000円から15000円が平均相場となっているようです。ペットの大きさは関係なく、一律であれば大型犬を飼っているご家庭にとっては安心な要素となるでしょう。
また、小動物に関しては犬や猫とは違って入院時の金額が少し低めになっています。
保険会社の中には犬と猫しか対照としていないところも多いですが小動物も対象に入っている保険会社も中にはありますので不安な方は入っておいたほうがよいでしょう。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペットの通院保険

2009/08/11 11:26
なんとなくペットの調子が少し悪い様子なので病院に連れて行きたい。または、しばらくの間は病院に通わせなければならない、といった場合に通院保険に加入しておくと金銭面の負担も実費よりは少なくてすむのがペットの通院保険です。動物病院というのは意外と人間が病院に通う範囲の医療費よりも高いのがイメージですが、自己負担ですと実際にそういった声が多いようです。
なので、年間の数日間の通院であっても自己負担ですと急な通院の場合は大変ですよね。

通院保険というのは病気や怪我を理由として病院に通った場合に保障されるものです。
通院保険は入院保険と同じでその都度通った日数で換算するのではなく、やはり年間での累計で何日間通ったという考え方で保障をするようです。やはり通える日数の上限が定められている場合がありますので、保険会社に確認しておきましょう。
通院保険というのは一番利用する確立の高い保険内容かと思います。代表的な犬や猫については金額が一律になっているところもありますし、大きさによって違うところもあります。相場としては5000円くらいから6000円くらいでしょうか。
これは一日の金額です。
わかりやすく表記している保険会社の内容では年間いくらまで、日割りで考えるといくらまでと別途でわかりやすいように説明しているところがありますので内容が明確になっています。
小動物に関しては小さいという理由だからなのか、若干犬や猫よりかは保障が少ないです。これは入院保険も同じですね。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペットの手術の際の保険

2009/08/11 11:26
もしあなたが飼っているペットが大きな病気にかかってしまい、入院し手術までしなくてはならないとなった場合どうしますか?
ペットのことが心配でしょうがないですよね。また、入院中は自分の許にはいないわけですからなおさらのことです。
ペット保険の内容として手術に対する保障を行っているところは大体の保険会社は対象になっています。
手術はそんなに頻繁に起こりえることとは予測されていないので、年間で何度も手術を受けてもすべての手術に対して保障されているわけではありません。大体1年に手術1回までというのが保障の条件となっていることが多いです。
となると、何度も手術をするようになってしまった場合は自己負担の分が発生するということです。
なるべくでしたら手術はかわいいペットのためにも、飼い主さんのためにも避けたい治療方法ですよね。
手術というのは人間の手術でも精神的、肉体的にダメージが大きいものですよね。たった1回であってもペットがダメージを受ける部分は大きいです。日々健康でいてくれることが一番の望みであります。
では年間に1回までしか保障がないけれど、ペットの一生のなかで数回手術になってしまったときはその分毎回保障になるかというとそうではなく、がんの手術含めて一生のうち何回まで、と決まっています。
なので、がんはもちろんですが、何度も言うように手術というのはダメージが大きいので避けたいところであります。
こういうときのために加入しておくとよいのでしょうね。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


特定疾患に対するペット保険

2009/08/11 11:26
ペットの保険に加入する際に条件として「特定疾患にかかっていないこと」というのを定めている保険会社があります。
特定疾患にかかっていると完治している証拠がないと加入できない、もしくは完治していても過去に発生している履歴があると加入が難しいということです。
飼い主さんの気持ちとしてはペットが病気だから保険に加入させたいという気持ちのほうが強いと思うのですが、なかなか難しいというのが保険の現状ですね。

特定疾患の中の病気として、犬や猫に感染する「フィラリア病」というのがあります。
フィラリア病は猫には感染する可能性は犬より低いと考えられていますが、まったく感染しないということではありません。
なぜ感染するのかといいますと、蚊が寄生虫を運んでくるからです。
この寄生虫はペットの心臓に寄生するといわれています。寄生虫は全長15センチから20センチくらいあるそうです。
結構長い寄生虫ですね。
この病気にかかってしまうとほかの理由、例えば怪我に備えてですとか手術に備えてという理由で保険に加入させたくても加入できない可能性があるということですので、そうなると結果的にどの病気になっても自己負担で治療をしなければならないということになります。
ですがこのフィラリア病はお薬を継続して飲み続けることで予防ができるそうです。
薬を飲む期間は年単位になるそうなので結構根気がいりますが、それでも予防できるのであればかわいいペットのためですね。
心配なご家庭はぜひ信用できる動物病院に相談されたほうがよいのではないかと思います。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペットの健康診断

2009/08/11 11:26
皆さんはペットが病気にならないように普段からどういうことに気をつけていますか?
食事はもちろんですが、運動や気温などのさまざまな理由から大切なペットを毎日守り続けているのではないかと思います。
健康診断や定期健診のような現在目に見えない症状があるのかないのか知る機会というのがありますね。
人間でもそうですね。
現在は健康だと思っていても健康診断にいったら成人病になりかかっていた、ということは中高年の方にはよく見られる光景です。
最近は人間でいえば「メタボリック」という言葉がはやっていますので、意識をして気をつける方が増えています。
動物にはメタボリックという言葉は当てはまらないと思うのですが、やはりペットが健康にみえていても不安。
隠れた病気が発覚して「保険に入っておけばよかった」と後悔する方も少なくないと思います。
保険に加入するきっかけはみなさんそれぞれだと思いますが、加入の際には健康診断を必要としない保険もあります。
ですが、ペットとして多くの家庭が飼っている犬を例にあげますと、ある程度の年齢を過ぎたらやはり保険の加入有無にかかわらず健康診断をしておいたほうがよいと言えます。年齢を重ねているからこそ必要ですし、ペットの状態をしる大事なツールでもあります。
健康診断の内容としては心電図や超音波があります。人間の健康診断に似ていますね。
今、人間と同じでペットも高齢化が進んでいるそうです。健康維持の秘訣は飼い主さん次第でもあります。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


小動物ペットの保険

2009/08/11 11:26
ペットの中でも代表的な動物は犬と猫です。
最近は室内で飼えるという意味では猫を飼っている家庭が多く、猫派の家庭は働いている独身の方が多いそうです。
朝早くから夜遅くまで仕事をしている飼い主さんでしたら犬を飼うことは難しいというのが理由だそうです。
また、小動物を飼う家庭も増えていますのでペット嫌いかアレルギーでない限りはなにかしらのペットを飼っている家庭が増え続けています。癒しブームの影響でしょうか。
犬や猫については保険会社で取り扱っているところはあります。数は少ないですが手厚い保障で安心できる内容のものが多いです。
では小動物に対しては保険の適用はあるのかと疑問に思うところですが、現在は犬や猫ほどではありませんが小動物に対する保険も取り扱っている会社はあります。
取り扱いがある会社が限られているために小動物を飼っている家庭ではおのずと絞られた保険会社に加入する形にはなるのでしょうが小動物だからといって保障が薄いことはないです。
例えば通院や入院保険の給付の際には犬や猫と同じ価格を保障されるということではありませんが、そんなに金額としては大差ないです。
保険会社で対象としている動物はうさぎ、鳥、フェレット、ハムスター、リスなど・・小動物といっても種類が多いのですが一般的に家で飼っている小動物はたいがい保障対象の動物に当てはまっていますのでもし、変わった動物を飼っているご家庭で保険に加入させたいという方がいましたら一度直接保険会社に相談されるのが一番早いです。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


小動物保険のプラン

2009/08/11 11:26
小動物を飼っているご家庭では犬や猫ほどべったりと面倒を見なくても済む反面、体調が悪いですとか、怪我をしているのにかごの中に入っていたりするとなかなか気がつかなかったりすることがあります。
犬や猫ほど鳴いたりしない動物の種類が多いというのもありますが、日中家を空けているご家庭が小動物を飼う傾向があるために気がつくのがどうしても遅くなってしまうのですよね。
そんなときのために小動物をペットとして飼っている方対象の保険があることはお伝えしてきましたね。
小さい動物だからといって掛け金は犬や猫と変わらないのに保障が少なかったりするのではないかと不安になることもあります。
確かに犬や猫と同じ金額の給付というわけにはいきませんが大差ないのは先ほどもお伝えしましたね。
ではプランが少ないのでは、と思いますか?そのようなことはありません。小動物もいろんな種類がいます。
プランは会社それぞれによって異なりますが、1種類や2種類ではなく3,4種類はプランを用意している会社が多いので、多すぎずペットに見合った保険が選べるようになっています。入院と手術だけに的を絞ったプランも存在します。
これは本当にいざというときのためだけに加入したいという方には好都合なプランですね。
ただし、入院と手術のみ適用になりますので、通院には適用にはなりません。手術をして給付の適用になる回数は限られています。
だいたい2回までと定めているところが多いです。ですが小動物は手術する確立は少ないと思います。
なので、もし選択するとしたら通院を保障してくれるプランを選ぶ方が多いかもしれませんね。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


猫の保険内容

2009/08/11 11:26
一昔前は犬を外で飼っているご家庭が多かったように思います。
最近では室内で犬を飼う人が多く小型犬の種類が増えました。同時に猫を飼うご家庭も昔より増えました。
今ペットショップに行くと、昔は犬の方が圧倒的に多かったのですが、最近はペットショップに行くと犬と猫の数が同等です。
その分かわいいペットである猫に保険をかけるご家庭も増えていると思われます。
猫の保険内容はどのようになっているのかといいますと、まずはペット保険を取り扱っている会社のほとんどは猫に対する保障は備えてあります。掛け金は月払いですと2000円から5000円くらいが平均のようです。
月払いだけでなく、年払いというのも存在するようで年払いで一括というお支払い方法です。
年間で考えても2万円くらいが平均のようなのでそんなに掛け金としては高くはないですね。
保障内容はもちろんいくつかのプランがありますが、通院、入院、手術、ガン、すべて保障対象としているもので給付金が高い率と低い率のもので数種類、手術やガンだけが適用にならないプラン、逆に手術と入院だけが適用になっているプランとあるようです。
だいたい通院に関してはプランごとの給付金額にそんなに差はないのですが、入院の際の給付金はプランによって結構金額が違ってきます。
なので、その分掛け金ももちろん違うのでしょうが、こればかりはペット状態をよく把握している飼い主さんの判断となりますね。
手術が適用になっているプランはやはり小動物や犬と同様に2回までと定めてあるところが多いです。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鳥類の保険

2009/08/11 11:26
犬や猫に負けないくらいペットとして人気があるのが鳥類です。
鳥は小さくてかわいいですが中には言葉が話せるなどおもしろいペットを飼っているご家庭もありテレビなどで話題性がある動物の一種です。
鳥は基本的に鳥かごの中でペットとして飼われているため鑑賞に近い感じもありますが、やはり飼い主さんにとっては大切なペットです。
生きている限りはご飯も食べますし、時には体調を崩してしまうことだってあるのです。
では鳥をペットの保険として扱っているところはあるかといいますと、取り扱っている保険会社はあります。
対象になっている鳥の種類はオウムやインコ、ブンチョウが代表的ではありますが、ほかにはヨウムやカナリヤも対象となっています。
では鳥はどれくらいの年齢から保険に加入できるのかといいますと、新規加入の年齢に関してはどの鳥の種類でも均一になっていて生後30日以上というのが条件としてあります。
ですから生後30日を経過している鳥がいる場合はすぐに加入ができるということですね。
ペットショップでも保険について紹介しているかもしれませんので、検討している方は聞いてみるのもひとつの方法だと思います。
新規加入年齢は均一でしたが、更新可能な年齢は鳥の種類によって分けているところがあります。
ブンチョウやインコは9歳未満、オウムやヨウムは20歳未満ということになっています。
掛け金や保障内容は犬や猫などと違うようですので、一度相談する形になっているところがほとんどです。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険の給付率

2009/08/11 11:26
ペットの保険に加入する時には保険会社に直接相談されるのが一番よいかと思いますが、それ以外には口コミや知人が加入している保険の内容を聞く方法が選択時の有力なポイントとなります。
実際に加入して給付をもらった方から話を聞くと現在のペット保険の事情やメリット、デメリットが聞けますし同時にアドバイスをもらうことも可能ですよね。今やペットブーム。保険に加入した後に後悔しないように良いところばかりを見て検討するのではなく、きちんとデメリットも把握し納得した上での加入をお勧めします。
では、デメリットとはどういったところがデメリットなのでしょうか。

まずは掛け金に対しての給付率。
これはよく耳にする方もいるでしょうが、人間の保険でも掛け金の割には給付金が少なくて当初の話と違った、ということは聞きますね。
それと同様のことがペットの保険でも言えるようです。
もちろん中には満足だった、助かったという声もありますが、給付金は最高で50%支給とされているところもあり、最高額で半分しか給付されないわけですから、治療内容によっては最高の50%を給付されたとしても自己負担の分が高く感じ、このようなトラブルになることもあるようです。
ですが、最初に給付は最高で50%とうたっている会社であれば最初から認識して加入することになりますので、自己責任の範囲である場合もあります。
めったに病気をしないペットであればそんなに高く感じないかもしれませんが、頻繁に病気をするペットは給付金の還元が高いほうがよいでしょう。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険の心得

2009/08/11 11:26
ペットが病気や怪我によって病院で治療などを受けた場合、治療費は全額自己負担になることはペットを飼っているご家庭、特に犬や猫を飼っているご家庭はご存知かと思います。
全額自己負担というのは結構な金額になりますが、かといってペットの保険の種類が豊富かというとそうではありません。
一番良いのは病気や怪我をしないことが一番というのは言うまでもありませんが、やはり健康であって病気をしていなくても誤って何かを誤飲してしまい、急いで病院に連れて行ったら結構な金額を負担することになってしまってご飯を節約しなければならなくなった、なんてことがあったらかわいそうですよね。
なので、安心を飼うという意味で保険に入っておくのは良いことです。
掛け金の割に給付金額が少なかった、最初は自己負担で後からお金が戻ってくるので、最初は金銭的につらくなってしまうといったデメリットはありますが、逆を考えると少ない掛け金でいざというときにはやはり助かるものだと思います。
保険というのは自分が思っていたとおりにはならないことが多々あります。
飼い主さんも少ないとはいえ、お金を払っているのですから要望を主張するのは当然のことです。
ですが、犬や猫は一生の内にまったく病気をしない保障はありません。
平均的に犬は予防接種など含め毎年数万かかりますし、猫の場合、毎年犬よりかはかからなくとも、やはり3万円くらいはかかります。
そうなると自己負担で治療費を払うというのはやはり突然な出来事が多いだけにつらいものです。そういった理由から加入される方が多いようです。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペットにかかるお金

2009/08/11 11:26
ペットを飼っている以上はご飯や予防接種、洋服等のお金はかかります。
かわいいペットは家族同様なので自分は質素にしていても、ペットは質素にしたくないという飼い主さんも多いのではないかと思います。
ペットは家族なのでお金がかるのは当たり前、と思う方のほうが多いとは思いますが飼っているペットの種類によっては月に数万かかってしまう場合もあります。では一生のうちにどれくらいの金額がかかるのでしょうか。
お金に換算してほしくない気持ちはわかりますが、これは大事なことでもあります。月、年間でいくらかかっているのか。
ペットのためにどのくらいのお金を確保すれば快適な生活ができるのかということを知るためでもあります。
保険に加入している場合は毎月の掛け金もあります。犬でいえば治療費は年間で数万。5万円くらいはかかります。
それに加えて食費や洋服代などがありますので、15万から20万は年間でかかることになりますね。
そうなると食費と同じくらい治療日がかかるペットは保険に加入しておくことで給付金により自己負担が少なくなりますので毎月払っている掛け金を年間で計算しても若干負担がやわらぐので、それをお洋服にまわしてあげることもできますね。

いかがでしょうか。とくに高齢や病気がちのペットについては治療費や検査代の方にウエイトを置く必要があります。
プラン変更や会社変更は可能ですので迷っている方は思い切って加入してから考えても良いのではないでしょうか。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険の免債期間

2009/08/11 11:26
ペットを保険に加入させると決めいざ加入をさせたら偶然なのか、加入後まもなく突然病気になってしまったまたは怪我をしてしまった。
保険には入っているけれどまだ掛け金は数回しか払っていない。いったい給付金はもらえるのか?それとも今回は実費で一定期間払ってからでないと給付されないのか?こういった場合は本当に困ってしまいますね。唯一ペット保険に加入しておいたという安心感だけがある状態で不安やわからないことばかり。
でもそれが当たり前なのです。保険に加入する前に散々説明は受けたけど、いざペットが病気になったりするとパニックになります。
そうならないために最低限のことは頭に入れておきたいですね。
まずは加入後間もないうちに病気になってしまったら給付は支給されるのでしょうか。
加入後の一定期間は「免債期間」というのがあります。この免債期間というのは何かといいますと、期間としては数十日間です。
その間は病気や怪我に対して保険会社は保障しなくても良いというものです。
なので、免債期間がどれくらいあるのかを契約時に確認することです。数十日といっても病気や怪我は突然あります。
予防できないものに関しては仕方ないかもしれませんが、予防できる範囲のことはこの期間は徹底して予防するべきですね。
せっかく保険に加入して安心したところで免債期間に運悪く病気や怪我になってしまっては残念ですし、避けたいところであります。
これについてはしっかりと把握しておきましょう。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険の規制

2009/08/11 11:26
ペットの保険について2008年4月に規制がかかりました。
これまでは無認可のペット保険が履行しており、トラブルも多々あったと見られます。
今まで無認可で行っていた業者などはトラブルなく今まで行ってきていたとしても規制がかかったことによって認可されるために保険会社になるのか撤退してしまうのか選択をせざるを得ない状況となりました。
なので、現在はペット保険の数は少ないですが、認可されているという安心感があります。
その中で小額短期保険会社というのが存在しますが、保険会社とどう違うのかといいますと、名前のとおり小額の保障です。
そして期間は短期間ということなのですが、だいたい1年から2年という期間になっているようです。
長く加入できる保険会社を選ぶか短期間でどのようなものか知っておきたいので、短期間の保険に加入するかは飼い主さん次第です。
今まで無認可の保険に加入していた方は2008年の4月をきっかけに大変だったと思いますが、規制がかかってからは無認可の保険業者が正式な保険会社に意向するには大変なことだといいます。
なので、中には会社からの進捗連絡待ちで保障が宙に浮いてしまっていたペットも少なくはないと思うのです。
結果的に廃業してしまった無認可の業者は何もすることはできないので泣き寝入りになってしまうケースも少なくはないようです。
法律の規制がそこにないために今までの掛け金が無駄になってしまったケースも少なくはありません。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険選びの注意

2009/08/11 11:26
ペットの保険を選ぶ基準は保障内容、給付率、掛け金、保険会社で目玉としている内容等・・さまざまなことを保険会社に相談しながら且つ、知人や加入している人に実際の状況を聞いて確かめることが大切というのは述べてきました。
また、ペットの状況によって後に保障内容を変更したくなってしまった場合にどうしたら良いのかも確認する必要があります。
保険のデメリットの一つとして金銭的なトラブルが多いのがこの業界の特徴です。
給付金をもらう際に審査をするのですが、審査した結果もらえると思い込んでいた給付金の審査が通らずに結果自己負担になってしまったというトラブルも多いのです。
これは予測しないトラブルになりますので、審査基準というのを会社にしっかり確認することがもっとも大切だと力説している方も多いようです。審査の基準があいまいということや、わかりづらく説明されてしまって困惑してしまうようなところは避けたほうが良いといいます 。
また、保険会社を見極めるためにも加入している人はどれくらいいるのかですとか、評判を参考にすると良いでしょう。
口コミというのは会社から取り寄せる資料よりも説得力があり、真実味があります。
今は便利な時代でインターネットでも掲示板などで評判を確認することができますから、ぜひ加入の前に参考資料として目を通しておいてください。
でないと、もし会社が破綻したときにはペット保険というのはそれっきりになってしまい、お金をかけた分損をしてしまうからです。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険のメリット

2009/08/11 11:26
もしも自分が飼っているかわいいペットに万が一のことがあったら。それが予測されない突然に起こってしまったとしたら。

考えただけでも怖いですし悲しくてしょうがないですね。
人間の保険には医療保険と終身保険は別になっていることが多く、医療も死亡時も全部保障しているプランは昔に比べたら増えた方ではありますが、その分掛け金がかなりかかってしまいますね。
一方、ペットの保険は医療や怪我はセットになっているのはもちろんのこと、生命保険の役割もついているのです。
なので、ペットの保険に医療保険だけですとか終身保険だけといった分類はされていません。
保険会社のプランの中で細かく入院適用ですとか手術適用という形で分かれています。
こういう意味ではペットの保険は手厚いというメリットに感じられますね。
驚くことに人間の保険では病気の代表である「ガン」についてはガン保険という医療保険とは別途で加入するようになっていますが、これもペットの保険ですとガンに対しての保障も一緒についているというので一つ加入してしまえば、あとはプラン次第でたいがいの事は保険会社での補償範囲となるわけです。
それに加えて掛け金もそんなに高くないのですから、給付金の問題のデメリットやトラブルを除けばメリットもたくさんあるということなのです。
病気以外にも他人に危害を与えてしまった場合なども保証の対象範囲となっているようです。
ですが他人に危害をあたえてしまうのは保障以外にも被害者の方へ申し訳ない気持ちがいつまでも残ってしまうので気をつけたいところです。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険の保障種類1

2009/08/11 11:26
ペット保険の種類はいくつかあるということをお伝えしてきましたが、プランではなく保障のタイプ別に分けると大きく2つに分かれています。1つ目は「定率保障タイプ」です。
定率保障タイプというのは入院や怪我、通院などの保障内容に対して定率内で給付を保障することを言います。
定率というのはその保険会社やプランによって違いますが、50%から90%となっています。
そして限度額内での保障となりますので上限があるということですね。
90%給付のペット保険はあまり見かけたことがありませんが、だいたい50%から多くても70%のところが多いように見受けられます。
この定率保障タイプの良いところは利用した病院できちんと領収書をもらって保険会社に提出することで、後払いにはなってしまいますが返還という形で給付されます。
また、最大のメリットは、ペット保険会社との提携を結んでいる病院に行けば、清算時に割引が適用となりますので、初期の段階で自己負担が少なくて済むということです。
ですから、動物病院に行くのであれば最初から適用になったほうが後々面倒ではないので、可能であれば近所にペットが加入している保険会社と提携を結んでいる病院があるのかどうかということを確かめておくと、病院にいく際にお金がなくて困ってしまった、ということが避けられますので安心ですね。
では逆にデメリットといえば最初にお伝えしたとおり給付に上限があるということですね。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険の保障種類2

2009/08/11 11:26
ペット保険の保障種類には大きく分けて2種類あります。定率保障タイプと実額保障タイプです。
定率保障タイプは上限があるが、ペット保険会社と提携している病院であれば、すぐに割引が可能ということは説明してきました。
ではもう一つの実額保障タイプとはどういったものなのでしょうか。
あまり聞きなれない言葉ではありますが、これもやはりメリットとデメリットというものがあります。
まずは内容としてですが、入院や怪我、通院、手術などで実際にかかった費用を保障している限度額まで支払う、といったものがこの実額保障タイプというものです。
実額保障タイプの良いところは通常、年間で保障できる回数というのを定めている保険が多いですが、この実額保障タイプについてはそういった回数の定めがないところが最大のメリットです。
なので、病気がちや高齢で病院にいく回数の多いペットを飼っているご家庭ではこういったタイプの保険に加入している方も少なくないと思います。
ただし必ずしも回数の制限がないということではなく、制限がない場合の方が多いというだけですのでそのあたりは回数を定めているのか念のため確認したほうが良いでしょう。
一方、デメリットといいますと、回数の制限がない代わりに保障される年間での金額に制限があるということですので回数が重なったゆえに金額がかさむ場合はこういった保障というのは検討するほうが良いかもしれません。
いずれにしてもメリットとデメリットの両方を踏まえたうえでの選択が一番良いのでペットにとってどちらがより合っているかをよく考えたほうが良いのは言うまでもありません。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペット保険は大切

2009/08/11 11:26
たくさんのペットの保険について述べてきましたが、家族の一員であるペットを思うとやはりお金をかけることは悪いことではないのがわかります。
お洋服や食費にお金をかけるのも良いですが、どうせお金をかけるのであればペットが健康で元気にいつまでも一緒に楽しく暮らせるように保険に少しでもお金をかけてあげることによって安心を買い、急なトラブルにでもあせらずに対応できるということが大切であります。
今、世の中は不況真っ只中です。
そんな暗い世の中でも仕事から帰ってペットの顔を見るだけで私たちは元気と勇気をもらっているのです。
なので、飼い主さん自身が自分を大切にすることももちろん大事ですし、ペットの日々の生活に気を使い長い間なるべく病気や怪我をせずに一緒にすごしていければそれが家族にとって、ペットにとっての幸せでもあるのではないでしょうか。
ペットの保険も規制がかかりだいぶ見直されてきました。
情報なども豊富ですので選ぶときの参考にできるものはたくさんあります。
なので、失敗もしにくいということもあるので、お金を出す以上は完璧を求めたいですが、最初からたくさん不安要素を抱えずにまずは疑問に思うことは保険会社に確認をしてクリアーにしたところで加入した方がよいでしょう。
そして自分が得た情報は果たして合っているのだろうかと違うところから情報を確認してみても良いでしょうし何よりも下調べが大切なのであいまいにはしないことです。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

ペット保険に加入しよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる